heihei blog

Write once, recall anytime. 自分のために書く 📝

AndroidにおけるColorUtilsを用いた色の配合

Androidsupport.v4.graphicsパッケージにはColorUtilsというユーティリティクラスが存在します。

ColorUtils | Android Developers

Androidアプリケーション開発では、このユーティリティクラスを用いることで簡単に2つの色をコード上から動的に配合することができます。

blendARGB関数には2つの色を表すInt型と、0~1のratio=割合を表すfloat型のオブジェクトを引数として渡すことができます。 0に近ければ第一引数に渡した色が濃く、1に近づくごとに第二引数に渡した色が濃くなります。

このratio値をViewの動きに合わせて変化させることで、ユーザーの動きに合わせて色を動的に配合することができます。たとえば、ViewPagerのonPageScrolledコールバックの値を利用することで、ページ間移動の動きに合わせて色を変化できます。

具体的な例やサンプルgif等については下記サンプルレポジトリを御覧ください。

github.com

また、ColorUtilsについては先日のpotatotipsでも発表しました。

下記はそちらの発表資料です。合わせてご覧ください。

雑ですが、以上です!